マジシャン奥村幸司

Google+

Facebook

2013年6月23日日曜日

そのエースは本当に消えたのか?

そのマジックを演じるということは、
そのマジックを完璧に理解しているんだよね?

そうやって自分で自分に問いかけることがあります。

現象を明確に観客に伝えるためには
自分が演じるマジックを100パーセント理解していなければけないと思うのです。

今この瞬間に何が起きて、
最後にどんなサプライズが待っているのか?
セリフとして観客にすべてを伝えなくても
きちんとその現象を理解してもらえるような動作や
マジカルジェスチャーなどが絶対に必要なんですよね。

観客を導かなければいけないんですね。

この時にこういうことが起きるから、
ここでいったん間を置こう。

とか

ここは盛り上げたいから、
このセリフを言おう。

とか、ひとつひとつの動作やセリフに
細心の注意を払わなければいけないのですね。

これらはすべて当たり前のことだけれども、
今日はそれを再認識させられた1日でした。


ところで、
ひとつ例を挙げると、
スローモーション4Aのようなマジックは、
リーダーパケット以外の3つのパケットから
Aが”消える”っていう表現は適切なのでしょうか??
私はそれは違うと思います。
メソッドはたくさんあるけれども、
基本的には3枚のスポットカードのなかにAがあり、
オマジナイをかけると4枚ともスポットカードになっているはずですよね。

うん、やっぱりAは消えていない。
そして移動もしていないと思います。

これはAがスポットカードに変わったのか?
それとも、リーダーパケットのスポットカードと入れ替わったのか??

どちらかの解釈しか私にはできないのですが、
ほかの方はどうなのでしょうか。

リーダーパケットもしかり。
スポットカードがAに変わったのか?
それとも入れ替わったのか。

実際にAが消えて、リーダーパケットに移動しているというのであれば、

リーダーパケットのカードの枚数は増えていなければいけないはずだし、
その現象なら、そもそもリーダーパケットにほかのスポットカードはいらないと思うのですよね・・・。

つまり、リーダーパケット以外のパケットは枚数が減っていなければいけないし、
リーダーパケットは枚数が増えていないとおかしいですよね??

ん~難しいですね。

トライアンフも表現方法が難しいと思うのですが
みなさん、いかかなものでしょうか???


0 件のコメント:

コメントを投稿